求人を探す~お仕事探しはネットでラクラク検索~

大まかな仕事内容

コールセンターの仕事の賃金は比較的高め

コールセンターの業務には受信業務と発信業務があります。受信することが多い業務としては、製品などのサポートがあります。発信業務は、商品のセールスだったり、あるいは有料サービスの購入者に対する確認などがあります。では、コールセンターの仕事でどれぐらいの賃金をもらえるのかというと、だいたい時給で1500円程度が目安になるでしょう。アルバイトで出来る仕事としてはかなりの高時給ということになります。ただ、コールセンターの仕事は、電話のみで相手を納得させるという技術が必要であり、最初は数週間から一ヶ月程度、研修を受けるというケースが多いです。なので、その期間は実際にコールセンターの仕事を行う時よりも時給は低くなります。

個人情報保護法による業務の変化

コールセンターの仕事はかなり以前からありましたが、現在のように、コールセンター業務を請け負う会社が専門に行っているのではなく、セールスをしたい会社が個々に行っていることがほとんどでした。昔は個人情報を保護する法律がなく、電話番号のリストを比較的簡単に入手することが出来たので、たとえば、小学生の子供がいる家庭の電話番号といったリストを塾が入手して、勧誘の電話を行っていました。しかし、今は電話番号のリストを入手することは難しく、固定電話も減っているので、コールセンターからの発信でセールスを行うのは減ってきました。しかし、サポートを行う受信業務は多く、求人でもサポート業務の担当者は常に求められています。