求人を探す~お仕事探しはネットでラクラク検索~

よく耳にする職業

コールセンターの歴史

コールセンターという言葉はよく聞くと思います。今、企業ではお客様窓口(コールセンター)を設けているところが多いです。内容としては、商品の問い合わせ窓口、キャンペーンの案内窓口、インターネットバンキングの案内窓口などさまざまです。電話料金は電話をかける側が負担する場合もありますが、0120のフリーダイヤルや0570のナビダイヤルを使用することにより電話をかける側の料金負担を減らしていることも多い。今はパソコンなども高齢者の方が多く使用しているので、パソコンメーカーのコールセンターでは初心者向けにわかりやすい説明をしていることが多い。また窓口によっては24時間電話がつながる窓口もある。利用者にとっては有難いサービスである。

仕事の辛さについて考える

コールセンターで仕事をしている方も多くいると思うが、仕事をする上での苦労や辛さについて考えてみたい。電話をかけてくるお客様とスムーズに話ができればストレスが溜まらないが、ご高齢の方へのパソコン操作の案内などは結構ストレスが溜まると思われる。なにぶん相手の表情と操作状況が見えずに、電話だけの案内になるので、お互いの意思疎通をするのが大変な仕事だ。また、お客様が協力的であればやりやすいが、そうではない方も多い。説明が悪い、分かりずらいなどのお叱りを受けることも多くある。かなりストレスのかかる仕事になるので、心が弱い人は向いていないと思われる。利用する側からすると便利なサービスのコールセンターですが、仕事としてはかなりハードと考えられます。